menu

血糖値の改善、糖尿病予防、本気で始めませんか?

安藤漢方薬局

桂店 西友桂店向かい側

075-381-9161

嵐山店 阪急嵐山駅より3分

075-871-4617

三大合併症について

糖尿病では脳梗塞、心筋梗塞など大血管障害といわれる合併症をおこしやすくなりますが、とくに発症しやすいのは、糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症の三大合併症といわれるものです。これらは末梢の血管に病変があらわれるので微小血管障害ともいわれます。

■糖尿病性神経障害

感覚神経が障害されると、しびれを感じたり、手足の感覚に違和感を感じたりします。神経痛が出たり、こむらかえりが起こりやすくなったりすることもあり、知覚神経が障害されると熱い冷たいといった感覚が鈍くなり、けがをしても気づかないこともあります。

末梢の血流が悪くなっているので、足に病原菌感染がおこっても治りにくく、また感覚が鈍くなるため悪化に気づかず、壊疽(えそ)と呼ばれる細胞が腐った状態になることもあります。壊疽のために足を切断しなければならなくなるケースも多く深刻です。

■糖尿病性網膜症

眼は毛細血管が多いため糖尿病になると病変が見られやすい場所です。血糖値が高い状態が続くと、血流は悪くなり血管は厚みを増し弾力性が失われます。網膜の血管から血液がもれたり、血管にこぶができて血管が詰まったりすると、新生血管という新しい血管ができて、失明につながる網膜剥離や緑内障をひきおこす可能性があります。

網膜剝離が黄斑でおこると、突然失明する場合もあります。進行しても視力の低下がない場合が多く、気づいた時には失明の寸前ということがありますので、定期的な検査が必要です。

■糖尿病性腎症

腎臓も毛細血管が集まっているため、深刻な合併症が出てきます。血流が悪くなると腎臓内の血圧が上がり、糸球体が損傷されて腎臓の働きが悪くなります。はじめは自覚症状がなく、からだのだるさや食欲不振、貧血などの症状が現れた時には腎臓の損傷がかなり進んでいる可能性があります。定期的に血液検査を受けて腎機能をチェックしておくことが大切です。腎臓の働きが正常時の10%まで下がると、血液透析が必要になります。

病院で処方される治療薬

糖尿病と診断されると血糖値を下げるための薬が処方されます。1つめは膵臓にはたらいてインスリンの分泌を促す薬です。2つめはインスリンへの反応が悪い場合、細胞のインスリンへの感受性を上げる薬です。3つめは糖の吸収を遅らせる薬です。4つめは腎臓でブドウ糖を再吸収しにくくする薬です。インスリンがほとんど分泌されていないないような場合にはインスリン注射を用います。また、合併症のしびれや痛みを改善するための薬が処方されることもあります。

病院治療の目標は?

「糖尿病治療の目的は糖尿病特有の合併症と動脈硬化性疾患の発症を阻止して、健常人とかわらない生活の質を確保すること」と医学誌に書かれています。

血糖値を下げるための薬は、合併症を予防し動脈硬化の進行を抑えるために処方されるのであり、糖尿病を根本的に治すための薬ではないのです。

漢方薬でできること

大豆を食べると血糖値が上昇しにくいと言われますが、生薬の中にはインスリンの分泌をよくしたり、糖の代謝をよくする紅豆杉や朝鮮人参などがあります。田七人参や自然薬「松寿仙」は血液や血管をよい状態にするため、動脈硬化の予防と血栓症の予防におすすめです。

漢方処方の牛車腎気丸や八味地黄丸は手足のしびれや頻尿、乏尿に使用されるなど、自覚症状を改善するためにも役に立ちます。

生活を見直す

糖尿病の原因となるのが、肥満、過食、運動不足、睡眠不足などの生活習慣です。服薬するだけでなく、これまでの生活習慣を見直し改めることが必要です。インスリン分泌を正常化するためにはカルシウムやビタミンやミネラル不足を改善しましょう。低糖質の食事についてもご相談ください。

桂店 西友桂店向かい側

〒615-8236
京都市西京区山田大吉見町18-5-22

075-381-9161

定休日:日曜日、祝日、第2・4水曜日
営業時間:9:30~18:30

嵐山店 阪急嵐山駅より3分

〒616-0002
京都市西京区嵐山東一川町15-5

075-871-4617

定休日:日曜日、祝日、第2・4水曜日
営業時間:9:30~18:00